トップ»  一般歯科

無痛治療への取り組み

無痛治療への取り組み

歯医者嫌いの1番の理由、それは【痛み】。。
誰もがそうですよね?
痛みにも治療中に感じる「肉体的な痛み」と医院内の雰囲気、音、不安などによる「精神的な痛み」があります。 
私たちはそんな患者様の【痛み】を取り除くための無痛治療を目指して

 ①表面麻酔や電動式麻酔などを用い、可能な限り痛みのない麻酔と治療を目指します。
 ②リラックスできる医院内の環境作りや、患者様との信頼関係を築くことにより、
  最大限患者様の不安を取り除くよう努めます。
  
不安や疑問を取り除くことが無痛治療のへの一歩です。治療前に不安や疑問があれば遠慮せずに何でも相談してください。
また、治療中に「苦しい」「休憩をしたい」「うがいをしたい」何でも結構です。何かありましたら我慢せずに遠慮なくお申し付けください。

 

歯周病への取り組み

歯周病への取り組み

歯周病とは歯を支えている歯ぐきや骨に起きる病変です。
また、「心臓病」「動脈硬化」「肺炎」「糖尿病」「低体重児出産」など、歯周病菌が媒介となって起こる体への様々な影響も問題視されています。
当医院では軽度の歯周病から、外科的処置を伴う重度の歯周病の処置まで対応しています。
歯周病は治療の【終了時がゴールではなく、終了時がスタート】です。

私たちは歯周病の治療だけではなく、治療終了後も当医院のメインテナンスシステムによって患者さまのお口の健康をサポートします。

 

レーザー治療

レーザー治療

通常なら歯の神経を取らなければいけないような大きな虫歯でも、レーザーを使用することによって神経を残すことができます。
【神経を残す】ことは【歯を残す】ことへとつながります。
神経のない歯は、神経のある歯に比べて歯を抜かなくてはいけなくなる率がとても高くなります。
私たちは可能な限り「歯の神経を残す」治療に努めます。

また、レーザーは他にも「根の治療」「歯周病の治療」「外科的処置」「口内炎の治療」など、さまざまな治療に高い効果を発揮します。